無借金経営のメリット・デメリット ④

 では、本日は無借金経営のデメリット

最終日。

早速、いきます!

一応、前回までのおさらい。


デメリット

1 莫大な現金を所持している場合以外

  倒産の可能性がつきまとう

2 ビジネスチャンス(機会喪失)を逸する場合がある

3 借金返済に気をとられ、手持ち現金が少なくなり

  倒産のリスクが増大してしまう

4 銀行との関係性が希薄となる


そして、本日は4番

無借金経営と銀行との関係性についてです。


何故、無借金経営が銀行との関係性を薄めて

しまうのかですが、当たり前の話ですが

「銀行からお金を借りていないから」であり

預金をしていれば、お客様ではあれど

儲けさせていただいているわけでもないし

成績に貢献して下さっているわけでもない。

ずばり、そういうことになってしまう。


 誰だって、どこの会社だって

取引がない相手と、親密になり時間や労力を

費やしませんから、当たり前の話なのです。


 では、「銀行との関係性が薄い」

どんなリスクが考えられるでしょうか?


1 銀行が会社の財務内容がわからないため

 適切な融資や情報提供ができない

2 資金融資を申し込んでも、審査からスタート

 するため、融資実行までに時間がかかる

3 銀行への返済実績がない会社に

 お金を貸すときには、慎重になる

4 言い方は悪いが銀行は「疑いの目で見てしまう」


1ですが、お金を借りていれば、定期的に決算書を

銀行に提出していると思いますので、銀行が

財務内容を把握できるという、これもまた

当たり前の話ですね。

2も、1と同じような理由です。

言っちゃえば、3も根本の部分は同じです。

いわゆる「信頼関係」ができていないわけです。


 銀行は「無借金だから大丈夫」

「無借金だから、返済能力がある」もしくは

「返済能力に余裕がある」とは見てくれません。

平たく言うと「無借金=いい会社」とは

ならないということです。


逆の立場になれば、理解できますよね。

全く知らない人に、お金を貸す人はいないでしょうし

お金を貸すこと自体が、どうこうは別として

以前も、きちんと返してくれた人の方が

気持ち的にも、貸しやすいですよね。


 そして、4番

「疑いの目」(ちょっと、言い方悪いですね)ですが

基本的に、今まで無借金で経営ができていた会社さん

ですから、財務内容が「メタメタ」や「悪い」と

いうことは、ないとは思います。

例外として、「銀行から借りられないから無借金」

という会社もなくはないですが・・・


こういった例外を省き、一般的に無借金会社であれば

銀行員から何度も「社長、お金借りてくれませんか?」

と営業を受けたことがあるはずです。

その度に、様々な思いや理由で断ってきたと

思うのですが、それ自体は問題ないと思いますが

そんな会社が、ある日突然銀行員に

「お金を借りたい」と言ってきたら

どう思うでしょうか?


「え!ん?今まで無借金でやってきたのに突然

借入の申し込み?」

「何が、あったんだ?もしかして、資金繰りが

厳しくなったんじゃないか?」


「いやいや、そうではなく、大きな設備投資をする

んだよ」という、事実に基づいた借入なら銀行も

「喜んで~」となるやもしれませんが

これが「運転資金」となると、事業が上手くいってない

のではと、疑いたくなってしまいます。

というか、疑います。

「やっと、お取引していただける」なんて喜んでいる

銀行員がいたら、ちょっと疑ってしまいます。


 以前にも書きましたが、銀行は雨が降り始めたら

傘を貸してくれません。

つまり、事業の調子がいい

「晴れの日」(ビールではない)にお金を借りておく

のがよいと、私は思います。

「金利」は、倒産防止の「保険料」です。


 ということで、数回にわたり

「無借金経営のメリット・デメリット」を

書いてきました。

少しでも、皆様の経営に役立てればうれしいです。



 今日のまとめ

※ 様々な「お付き合い」の形はあるけど

 銀行とのお付き合いは、昔ながらの義理人情的な

 形が適しているかもしれない。

 「ピンチ」の時に、親身になってくれる

 本物の「メインバンク」 持っていますか?



関連記事

無借金経営のメリット・デメリット ① (datu-don-kuroji.blogspot.com)

無借金経営のメリット・デメリット ② (datu-don-kuroji.blogspot.com)


 


コメント

このブログの人気の投稿

ほんとの話です・・・

節税・・・誰でも、できれば税金は少なくしたい Part.4

生命保険 「契約と解約」迷ったら見て③ 番外編