無借金経営のメリット・デメリット ①

 「無借金経営」できることなら目指したいですよね。

しかし、実は無借金の会社は◎な部分

必ずしも◎ではない部分が、結構あります。

では、その「メリット」と「デメリット」を

書いてみます。

あくまでも「中小企業の場合」を前提とします。


 メリット

1 銀行への返済がない

2 通常の商取引以外の入出金の管理が不要

3 「借入過多」による倒産の可能性が低い

4 決算書が美しい

5 普段の経営から、店じまいの際まで

  自分の「意思」だけで可能になる

6 月末の資金不足への心配が減り

  枕を高くして、ゆっくり寝ることができる

7 「うちは無借金会社だ」と密かに胸を張れる


まだまだ、あるかもしれませんが

ざっと、こんな感じでしょうか。

正直、1と3と5以外は、精神的もしくは肉体的な

メリットが大きいように思えます。

では、デメリットを。


 デメリット

1 莫大な現金を所持している場合以外

  倒産の可能性がつきまとう

2 ビジネスチャンス(機会喪失)を逸する場合がある

3 借金返済に気をとられ、手持ち現金が少なくなり

  倒産のリスクが増大してしまう

4 銀行との関係性が希薄となる


ん~こちらも、まだありそうだが、この辺で。


 借金の観点からいうと、あともう一つ

「実質無借金経営」というものがあります。


どういう状態かというと

「借金もあるが、現金もある」

しかも、借金と現金の割合が「1:1」

つまり同額。もしくは現金の方が若干多い状態。

ある日突然、銀行員が来て

「貸したお金、すぐに返して下さい」と言ったら

笑顔で「はい、どうぞ」と返せる状態の会社を

指して言います。


 明日以降、無借金経営のメリットとデメリットを

お伝えしようと思います。

無借金経営の皆様も

無借金経営に憧れる皆様も

お読みいただければと思います。



今日のまとめ

※「憧れるのは、やめましょう」(まるパクリ)

   本気で目指せば「無借金経営」だって出来ます。

 ただ、経営の目的やゴールが「無借金」では

 ないはずです。



関連記事

無借金経営のメリット・デメリット ② (datu-don-kuroji.blogspot.com)

無借金経営のメリット・デメリット ③ (datu-don-kuroji.blogspot.com)



 

 


コメント

このブログの人気の投稿

ほんとの話です・・・

節税・・・誰でも、できれば税金は少なくしたい Part.4

生命保険 「契約と解約」迷ったら見て③ 番外編